FAGAもAGAと同じように遺伝によって発症するの?

男性の脱毛症であるAGAと同じような症状が現れてくる女性男性型脱毛症(FAGA)も遺伝により引き起こされると思っている女性も多いのではないでしょうか?

 

女性の脱毛症であるFAGAは、確かに男性と同じ症状が現れてきますが、女性の場合は、遺伝とは関係ないと言われています。
男性の場合は、父親がAGAだと息子もAGAになっているケースって多いですよね?
薄毛の状態を見ると「あ、親子だなあ」とわかります。

 

女性の場合、FAGAになる原因として、加齢になれば女性ホルモンが減少し、男性ホルモンが増加するためにホルモンバランスが乱れ引き起こると言われています。

 

それに、まだ、女性男性型脱毛症(FAGA)が発症する根本的な理由が解明されていないというのが実情です。
さらに、女性も最近では、仕事上役職などについている人も多く、仕事と育児両方をこなすには、体力も必要になりますが、ストレスが過剰に影響し発症しているとも言われています。

 

つまり、女性の場合は、遺伝と言うよりも生活習慣の乱れによるものが多く、例えば、スタイリング剤を頻繁に使っている人や刺激の強いシャンプーやリンス、ドライヤーのかけ過ぎと言った髪に負担をかけている場合でもFAGAになる可能性があるということです。

 

ただ、男性の場合も遺伝によるものが約30%、それ以外は、生活習慣や間違った頭皮ケアによるものと言われていますので、ちょっと抜け毛が多くなったなあと思うようになった時点で、生活習慣を見直してみたり、正しいヘアケアを学んでみませんか?

 

そうすることで、予防、改善することができますよ。


このページの先頭へ戻る