生え際が薄くなってきた感じがするのってまさかびまん性脱毛症?

女性の薄毛で最も多いタイプがびまん性脱毛症と言われています。
このびまん性脱毛症は、男性によく見られる脱毛(男性脱毛症AGA)とは違い、生え際が徐々に後退して行くと言うものではありません。
頭頂部の生え際や分け目から徐々に薄くなってきますので、頭全体の頭皮が見えてくる、つまり頭髪全体が薄くなってくると言う感じで、脱毛部分の境目がはっきり見えるものではありません。

 

ですので、びまん性脱毛症を発症している場合でも、生え際が後ろに後退しないため「何となく抜け毛が増えたなあ」「髪の毛がペタンとしてる」
等、何となく薄くなってきたかな?と言う感じで、そのまま何もしないで放置していませんか?
そうすると、知らない間に、頭全体の地肌がしっかりと見えるようになって来たり、髪の毛がとても細く弱々しくなってしまう可能性が高くなります。

 

このような症状は主に
女性ホルモンの減少が始まる中高年の女性に多く見られると言われていますが、最近では、若い女性でも見かけることが多くなってきていますので、
「私は大丈夫」と思わず、何となく髪の毛が気になり始めたら気を付けてチェックするように心がけましょう。

 

この女性特有であるびまん性脱毛症は、男性脱毛症(AGA)とは違い、適切な頭皮環境を整えることにより、女性の薄毛は改善することができます。

 

まずは、生活習慣やケアケアの見直しをはじめ、頭皮を常に清潔に保ち、頭皮マッサージを行ったり、場合によっては女性専用の育毛剤を使い、薄毛を改善していきましょう。
早期発見、早期治療することで、早く改善します。


このページの先頭へ戻る